血液サラサラサプリランキング!動脈硬化の予防・改善に!

血液サラサラサプリのランキングはこちら!動脈硬化を予防しよう

過度の血液サラサラにご用心

 

血液サラサラは最近の健康を語る上でのキーワードとしてはずせなくなってきていますが、血液はサラサラであるほど良いという考え方もまた間違いなのをご存知ですか?もちろん、血液サラサラはいいことなのですが、何事も程度というものがあるのです。

 

サラサラすぎる血液というのは、実は貧血の隠れたサインであると言われています。貧血に悩む女性は多いですが、貧血というのは単に血が少ないということではなく、血液中に含まれる成分が薄いという状態であって、たとえば鉄分はよく不足していて、それによって貧血症状が起こっています。

 

基本的に液体には溶けている物質が多くなるほど粘度が増すという習性がありますから、当然血液中の成分が薄いということは血液サラサラになっているということです。ドロドロ血液がまずいというのは、この成分が不要な糖分やコレステロールであるからであって、血液に本来必要な成分が不足しているのは問題なのです。

 

血液の濃度が低下することによって血圧が低下したり、赤血球数の低下を引き起こし、トラブルの原因となってしまいます。通常の血液濃度であれば、適度な血液抵抗によって血圧が一定に保たれるのですが、血液がサラサラになりすぎると抵抗が少なすぎて血圧の低下が起こるのです。

 

濃度が薄い血液は赤血球が水分を含みやすくなって、破裂しやすくなってしまうなどの悪影響があり、貧血の原因となってしまいます。赤血球はヘモグロビンと酸素を結び付けて全身に巡らせています。

 

体内の赤血球が減少することによって酸素の供給量も少なくなり、酸欠状態を生じさせ、倦怠感、肌の乾燥、冷え、めまいなどといった貧血症状となって現れますので、要注意です。ですから、血液サラサラというのも健康的な血液サラサラなのか病的な血液サラサラなのか、正しく知るべきで、そのためには定期的な検査も必要なのです。

 

血液サラサラにオメガ3オイル

 

血液をサラサラにすると評判のオメガ3脂肪酸ですが、これらはやはり脂肪ですので油脂類に含まれています。最近特にこうしたオメガ3を含むオイルが人気を集めており、たとえば代表的なものとしては亜麻仁油やしそ油、えごま油、アボガドオイル等で、こうした品々がスーパーにおいてもどんどん棚が大きくなってきています。

 

オメガ3オイルには当然、オメガ3脂肪酸が多く含まれているのですが、DHAとEPAのαリノレン酸といった青魚に含まれる成分もオメガ3として分類される脂肪酸です。

 

オメガ3オイルの中でも含有量が特に多いといわれているのが亜麻仁油で、昔は高級スーパーでしかみかけることが無かったのですが、あちこちのメディアで健康油として取り上げられ、いろんなメーカーで商品が提供されるようになりましたので、スーパーでもおなじみの油になり、また価格も徐々に下がってきています。

 

また、こうしたオメガ3オイルは熱や紫外線に弱いというオメガ3の特徴がある事から、熱や紫外線を避けるための黒っぽいボトルになっていること多いです。熱に弱いためにあまり加熱調理には向いていませんから、ドレッシングとして使ったり、何かにちょこちょこ食わせて摂取していくのが良いでしょう。

 

オイルをそのまま飲む方法もあり、これは1日にスプーン2杯程度をそのまま飲むだけです。人によっては多少抵抗もあるかもしれませんが、特別な味も無いのでそれほど大変ではないはずです。少なくとも、薬のように苦いと感じたり、喉がかわくというようなこともありません。オメガ3オイルは血液の状態をサラサラした健康的な状態にしますから、中性脂肪だけではなく高血圧や糖尿病予防にも効果的です。

 

血液をサラサラにする大豆食品

 

 

私たちに身近な健康食品の代表選手が豆腐や納豆といった食品に使われる大豆です。これ以外にも大豆由来の食品は私たちの食卓にところ狭しと並んでいますが、これらは体にとても良い事が知られています。たとえば、大豆に含まれる大豆サポニンは善玉コレステロールを増やして中性脂肪を下げ、血液の流れをサラサラにする効果があるそうです。

 

大豆は基本的に低カロリーで植物繊維を多く含み、またたんぱく質が多く含まれていますから、お肉の代用として豆腐ハンバーグなどにも使われます。畑の肉とも呼ばれる大豆は、低カロリーの健康食においてはメインのおかずによく登場している大切なタンパク源です。

 

大豆食品の中でも良く食べられているのが豆腐や納豆だと思いますが、他にも味噌やしょうゆ、豆乳など、隠れたところで私たちが接していることはけっこう多いです。おからやがんも、お揚げなども大豆由来の食品ですね。

 

豆腐はあまりクセがないので、多くの人が普段から食べていると思います。冷奴やお味噌汁、お鍋の具など、いろんなところで活躍していますよね。納豆はクセが強いので苦手な方も多いかもしれませんが、納豆に含まれる納豆キナーゼにはできてしまった血栓をも溶かすほどの強い血液サラサラ効果がありますから、苦手でないならぜひ普段から食べる回数を増やしてもらいたいと思います。

 

こうした大豆食品の良いところは、健康的で、栄養価が高く、そして安いことです。肉に代えてこうした大豆製品にすることで、血液もサラサラになり、お財布がドッシリするようになるかもしれませんよ。

 

味噌汁で血液サラサラ

 

血液サラサラに大豆は非常に効果的な食品で、大豆に含まれる成分には中性脂肪を低下させる働きがあることが知られています。中性脂肪が下がると血液中の悪玉コレステロールの値が低下し、血液がつまりにくくなって血管や心臓の病気を予防してくれます。

 

大豆食品の中でも私たちにおなじみの味噌ももちろんそういった効果があります。今では昔のように1日3食お味噌汁を飲む、というようなことはほとんど無いかもしれませんが、それでもやはり私たちの飲む汁物としては別格の位置にあることは間違いありません。

 

味噌の塩分が高血圧症などを抱える方には気になるかもしれませんが、減塩のお味噌も多く出ていますし、味噌汁で摂取する塩分よりもメインのおかずなどの方に注意を払うとよいでしょう。それだけ味噌の健康効果は高いのです。実は味噌には中性脂肪を下げるにとどまらず、糖尿病などの生活習慣病予防に効果的な成分も多く含まれることがわかっているのです。

 

また、利尿作用もあり、体内にたまった水分と一緒に塩分も排出しますから、数字で出るほど塩分を気にする必要はありません。それに血管を広げて血液をサラサラにするので、心臓への負担を軽減し、老廃物の排出効果を高めてくれますから、よほど塩分過多にならない限りは心配することはありません。

 

お味噌汁を1日3食飲むと空腹時の血糖値が上昇しにくくなるという報告もありますから、糖尿病予防にも効果的です。味噌汁の良いところは、他の食品を一緒に食べられることにあります。普段は味があまりしない海草類や豆腐など、味噌汁に入れるとまったく違った顔を見せますし、これらの食材と組み合わせてトータルで栄養や健康効果を取り入れられるのが魅力です。

 

ぜひ、毎日の生活の中で味噌汁を摂取して、血液サラサラを目指しましょう。参考サイト:http://www.backgammon-fr.com/

 

マルチミネラルプラスIIについて

 

まず、ミネラルというのは体内で生成することが出来ません。食べ物で補うしかないのに必要な栄養素ですが、なかなか種類も多いので全てを摂取することが難しいです。

 

しかし、このマルチミネラルプラスIIに関してはカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレン、クロミウムといったミネラルが凝縮されておりますので摂取すれば必要なミネラルを補えます。

 

ミネラルを補うことで、例えば苛立ちを押さえたりという精神面から筋肉の痙攣を抑えるという身体的な不調が改善されます。そういった症状があるという方にはオススメできるミネラル サプリです。

 

また、このマルチミネラルプラスIIはバイオペリンという成分が配合されており、これによって吸収率を高めてたんぱく質やミネラル、アミノ酸といった栄養素を吸収しやすくします。

 

この特徴があるのでスポーツ選手などの身体を動かすという方に愛飲されているといわれています。身体作りをしたいという方には是非オススメできるサプリメントです。

 

マルチミネラルプラスIIの口コミについては、貧血が改善して通勤が楽になった、疲れが全く取れなかったのに飲み始めて楽になってきた。階段を上るのさえ億劫だったのに今では元気に上れている。というように、やる気が出たり疲労が回復したという声が多いサプリメントとなっております。またジムのトレーナーに薦められて飲んでいるという方も多く、とにかく非常にオススメできるサプリメントとなっております。

 

睡眠不足と血糖値の関係

 

睡眠不足と血糖値は関連があるのでしょうか?血糖値と聞くと、どうしても食生活や生活習慣病の話になりやすいと思いますが、実は睡眠と血糖値はとても深い関係にあります。今や日本人の約17%、約2000万人が高血糖だとも言われます。糖尿病予防の為にも、高血糖について確認しておきましょう。

 

睡眠が足りないと血糖値が上がりやすくなります。毎日7〜8時間の睡眠を取る人に比べて、睡眠が5時間以下の人は、なんと糖尿病の発症リスクが2.5倍以上という研究がアメリカで発表されています。ところが9時間以上の睡眠チームでも、糖尿病予備軍の発症率が高くなりました。大事なのは睡眠の長さではなく、質の良い睡眠をとることで、短くても長くても血糖値に影響が出るということです。

 

睡眠時間が不足している状態が続くと、睡眠中は抑えられているはずの交感神経が活発化し、ノルアドレナリンが分泌されます。寝てる間高血糖が続き、すい臓はインスリンの分泌を続けて疲弊してしまい、やがて分泌できなくなってしまうと考えられています。睡眠不足から身体のバランスが崩れてしまうのです。

 

血糖値が上がるのを防ぐためにも、1日7〜8時間の睡眠を行うようにしたいですね。ベストは、夜22時に寝て、朝6時に起床することだそうです。寝る前の飲酒やカフェインの摂取、ゲームや音楽などは、気持ちを興奮させてしまい、交感神経が活発になります。安眠するためにも、出来ることから気を付けていきましょう。